イ・ジョンソク主演!おすすめ韓国ドラマ3選

Pocket

出典:https://www.kbsworld.ne.jp

2021年に除隊し、復帰作の公開に注目が集まっている韓国の人気俳優イ・ジョンソクさん。4月には役作りのために長髪姿で挑んだ映画「魔女2」の撮影も終えており、公開が待たれています。またキム・レウォンさんやチャ・ウヌさんとの共演映画「デシベル」への出演も決まっており、事件の真実に迫る海軍大尉役に注目が集まっています。

そんな復帰作が待ち遠しいイ・ジョンソクさんですが、過去作品や人気作品が気になる方もいるのではないでしょうか?そこで今回は、イ・ジョンソクさんが出演しているおすすめ韓国ドラマ3作品を紹介していきます。プロフィールやドラマの配信状況も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

イ・ジョンソクのプロフィール

出典:photoAC

俳優名: イ・ジョンソク(이종석)

本名: イ・ジョンソク(이종석)

生年月日:1989年9月14日

血液型: A型

身長:185cm

【代表作品】

《ドラマ》「ゆれながら咲く花」「君の声が聞こえる」「ドクター異邦人」「ピノキオ」「W-君と僕の世界-」「あなたが眠っている間に」「死の賛美」「ロマンスは別冊付録」

《映画》「君に泳げ!」「僕らの青春白書」「V.I.P.修羅の獣たち」

イ・ジョンソク出演おすすめ韓国ドラマ①:「ロマンスは別冊付録」

出典:Netflix公式サイト

かつては広告業界で人気を博し賞も受賞したことのあるコピーライターのダニ(イ・ナウン)は、結婚後退職。しかし夫の浮気で離婚することになり、娘の留学費用を稼ぐために就職活動をすることになります。慰謝料も養育費ももらえず、家もお金もなくなってしまったダニは、しばらく姉弟のように育ってきたウノ(イ・ジョンソク)の家に家政婦として潜り込むことに。

ブランクがあるためなかなか就職もうまくいかず、ウノの家でこっそり家政婦として働いていたもののそれもクビになってしまったダニは、ウノの働く出版社の採用試験に学歴を高卒と詐称して応募することにしーー。

以前から、イ・ナヨンさんのファンだと公言してきたイ・ジョンソクさん念願の共演作となった本作。イ・ジョンソクさん演じる年下男子ウノの可愛さが、光る作品になっています。いつも可愛い笑顔で、力になる言葉をくれるウノ。さらに想いがバレたときに「恋してもいい?」「僕を受け止めてくれる?」と言う可愛さはたまりません。

また、本作は女性の生きづらさにも焦点を当て、さまざまな年代の異なる立場の女性たちが直面する問題も描いており、「あるあるー!」と共感したくなる作品に仕上がっています。さらに女性同士の連帯も描かれており、「この中に混ざりたい!」と思う素敵な関係が描かれているので、シスターフッドものが好きな方にもおすすめです。

《キャスト》イ・ジョンソク、イ・ナヨン、ウィ・ハジュン、チョン・ユジン、キム・ユミ、パク・ギュヨン、キム・ソニョン、他

《放送年》2019年

イ・ジョンソク出演おすすめ韓国ドラマ②:「ピノキオ」

出典:https://www.tbs.co.jp

created by Rinker
¥6,500 (2021/09/23 11:19:34時点 Amazon調べ-詳細)

幼い頃、火災事故の過熱報道のせいで、事故で行方不明になった父だけでなく母までも亡くしてしまったハミョン。自殺した母親と共に海に飛び込んでいたハミョンは、助けてくれたゴンピルの養子になり、ダルポとして生きていくことになります。そこへ妻と離婚したダルピョンが嘘をつくとしゃっくりが出るピノキオ症候群の娘イナを連れて帰ってきたため、4人で生活することに。

イナがダルポの父を自殺に追い込んだキャスターの娘だとわかっても、少しずつ惹かれていくダルポ。大人になったイナ(パク・シネ)は、母に憧れてピノキオ初のキャスターを目指していましたが、ダルポ(イ・ジョンソク)もある出来事がきっかけで因縁のあった記者を目指すことになりーー。

本作での演技が認められ、SBS演技大賞特別賞を受賞したイ・ジョンソクさん。伯父と姪という、なかなか家族には認めてもらえない運命を背負ってしまった2人ではあるものの、イナを一途に思い続けるダルポの姿に魅了させられました。

またイ・ジョンソクさんといえば、記憶に残るキスシーンを数多く残していることでも知られていますが、本作の食パンキスもそのひとつ。イナが咥えているトーストをネクタイを結んでもらっているダルポが反対側から齧るシーンは、胸キュン必至です。他にも何時間もかけて撮影した雪の中のキスなど、美しいシーンが盛り沢山。ぜひイ・ジョンソクさんが生み出す美しいキスシーンの数々をチェックしてみてください。

《キャスト》イ・ジョンソク、パク・シネ、キム・ヨングァン、イ・ユビ、他

《放送年》2014年

イ・ジョンソク出演おすすめ韓国ドラマ③:「ゆれながら咲く花」

出典:https://www.kbsworld.ne.jp

スンリ高校の非常勤講師インジェ(チャン・ナラ)は、問題児クラスと言われる2年2組の担任を後期から受け持つことになります。しかし、新学期早々問題を起こす生徒たち。クラスには、ジョンホ(クァク・チョンウク)ら3人の不良がおり、彼らは自分に従わないナムスン(イ・ジョンソク)に目をつけ、何度も問題を起こしていました。

しかしインジェは誰のことも見捨てず生徒に寄り添うことで、少しずつ生徒たちの信頼を獲得。ところが、学校のアピールに力を入れたい校長は元人気塾講師のセチャン(チェ・ダニエル)を呼び寄せ、2年2組の担任にすると言い始めます。なんとか共同担任ということで落ち着きますが、2組には新たにナムスンと因縁のあるフンス(キム・ウビン)が転校してきてーー。

韓国で人気俳優の登竜門として知られている「学校」シリーズの第5弾である本作。本作を機に大親友になったイ・ジョンソクさんキム・ウビンさんを始め、「新米史官ク・へリョン」のイ・ジフンさんや「チェックメイト!〜正義の番人」のシン・セヨンさん、「30だけど17です」のシン・ヘソンさんなど主役・準主役級俳優として活躍するキャストが多数出演しています。

またその仲の良さが画面越しにも伝わってくるイ・ジョンソクさんキム・ウビンさんの可愛いじゃれあいも見どころのひとつ。ある出来事がきっかけで疎遠になってしまった因縁のある2人が再び友情を取り戻していく姿には目頭を熱くさせられるので、ぜひチェックしてください。

《キャスト》イ・ジョンソク、チャン・ナラ、キム・ウビン、チェ・ダニエル、パク・セヨン、他

《放送年》2012年

イ・ジョンソク出演おすすめ韓国ドラマ配信サービスまとめ

最後に今回おすすめしたイ・ジョンソク作品を視聴できる動画配信サービスを紹介していきます。(2021年8月時点)

・「ロマンスは別冊付録」:Netflix

・「ピノキオ」:Netflix、dTV、FOD、U-NEXT

・「ゆれながら咲く花」: FOD

除隊後の復帰作の公開が待ち遠しいイ・ジョンソクさんの作品を、ぜひこの機会にチェックしてみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です