深田恭子出演ドラマおすすめ3選|新ドラマ降板の理由も解説

Pocket

出典:初めて恋をした日に読む話

深キョンの愛称で親しまれる深田恭子さんは、愛らしいルックスと大人の色気が魅力の日本女優。ドラマや映画だけでなく、過去には歌手としてデビューしたこともある多彩な才能の持ち主です。

受賞歴も多く、直近では2019年に『空飛ぶタイヤ』で優秀助演女優賞第42回日本アカデミー賞)、『初めて恋をした日に読む話』で主演女優賞(第100回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 )を受賞しています。

本記事では、そんな深田恭子さん主演のおすすめドラマを3つ紹介。

夏の新ドラマを降板した理由も解説します。

深田恭子の経歴まとめ

出典:ダメな私に恋してください

 

深田恭子さんは1982年11月2日生まれの38歳。中学2年生の頃、ホリプロタレントスカウトキャラバン「PURE GIRLオーディション」に応募し、約2万人近い候補者の中からグランプリに選ばれ芸能界入りを果たしました。

初めて女優としてドラマに出演したのは1997年に放送された『海峡』です。

現在はドラマ・映画を中心に活躍していますが、かつては歌手デビューしており、映画初主演を務めた『死者の学園祭』の主題歌『How?』を歌いました。

代表作は『初めて恋をした日に読む話』『ダメな私に恋してください』『ルパンの娘』『富豪刑事』など。

趣味はサーフィン。SNSに投稿されたドローン映像には感嘆の声も

 

30歳を超えたあたりから、趣味としてサーフィンを始めた深田恭子さん。

その腕前はなかなか見事なもので、特に写真集『Brand new me』のオフショットとして投稿されたドローン撮影でのサーフィン姿は躍動感が素晴らしいと絶賛の嵐でした。

こちらの動画は深田恭子さんのInstagramアカウント(kyokofukada_official)で現在も公開中。気になる方は、直接見に行ってみてはどうでしょうか。またTiktokでは、ベッドで波乗りをする可愛らしい映像も投稿されています。

深田恭子出演のおすすめドラマをランキング形式で紹介

出典:初めて恋をした日に読む話

 

人気女優だけあって、出演作が膨大な深田恭子さん。ファンとしては全てを網羅したいところですが、時間は有限です。そこで、ここでは深田恭子さん主演のおすすめドラマを3つに絞ってランキング形式でご紹介。

いち押しドラマだけを集めたので、ぜひ参考にしてください。

3位:まるでロミジュリ!「ルパンの娘」

出典:ルパンの娘

ランキング3位は、『ルパンの娘』

泥棒を生業とするLの一族である主人公・三雲華(深田恭子)は秀でた盗みの才能を持ちつつも平穏な生活を願い、図書館司書として働いていました。ある日、偶然出会った桜庭和馬(瀬戸康史)と恋に落ちた華は順調に交際を続け、結婚も視野に入れるようになりますが彼の一族は代々続く警察一家で……。

まるで水と油のような相容れぬ存在である2人の恋の行方をコメディ調に描いた作品です。あまり難しい内容ではないため、ストレスなく楽しめます。泥棒に扮する深田恭子さんの衣装が最高にセクシーで、色気たっぷりなのも魅力的。悪人と対峙した際のアクションシーンも迫力があり、カッコいい深田恭子さんが見たい人におすすめのドラマです。

2位:ディーンフジオカと深キョンのツンデレ・コメディ「ダメなわたしに恋してください」

出典:ダメな私に恋してください

ランキング2位は、金なし・職なし・彼氏なしの崖っぷちアラサー女子・ミチコ(深田恭子)とドSな元上司・黒沢歩(フジオカディーンが偶然の再会をきっかけに同居することになり、じれったいツンデレな恋模様をくり広げるラブコメディ。

同名漫画を実写化した作品なのですが、さすがは深キョンというべきか、主人公ミチコの再現性が高いと視聴者からも好評でした。イケメン・美女が多数出演しているので目の保養にもなり、疲れた心を癒してくれるドラマです。

1位:ピュアな恋心がたまらない「初めて恋をした日に読む話」

出典:初めて恋をした日に読む話

 

ランキング1位は『初めて恋をした日に読む話』です。

深田恭子さんが演じるのは、受験・就職・婚活と立て続けに失敗し、すっかり母親に見放されてしまった主人公・順子(深田恭子)。

何もかも上手くいかず、自分に自信を失いかけていた順子はある偶然のめぐり合わせから不良少年・由利匡平(横浜流星)の東大合格をサポートすることになり、自分の人生にリベンジを挑みます。

鈍感でひたむきな順子と、見た目に似合わずピュアなユリユリの恋模様にキュンが止まらない女子が続出したドラマ。年の差恋愛の結末はどうなるのか、2人の関係に注目です。

夏の新ドラマを降板した理由を解説

出典:ダメな私に恋してください

本来であれば、現在放送中の木曜劇場『推しの王子様』の主演を務めるはずだった深田恭子さん。ディーンフジオカと『ダメな私に恋してください』以降、5年ぶりの共演ということもあって注目を浴びていましたが、5月半ばに適応障害と診断され役を降板・休養に入ることになりました。

深田恭子の代役は比嘉愛未

 

降板した深田恭子さんの代役として抜擢されたのは、比嘉愛未さん。

過去にはドラマ『にぶんのいち夫婦』の中山文役、映画『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』の冴島はるか役などを務めました。

まとめ

出典:隣の家族は青く見える

 

本記事では、深田恭子さんのデビューのきっかけ・経歴・おすすめドラマに焦点を当ててまとめました。数ある出演作の中から選りすぐりのものだけを集めたので、未視聴のものがあれば、この機会にぜひ見てください。

新ドラマ目前での活動休止は残念ですが、再び愛らしい笑顔が見れる日をのんびり待ちましょう。