ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」涙腺崩壊⁉感動の名場面3選

Pocket

出典:https://www.paravi.jp/title/32172

みなさんは「アルツハイマー病」をご存知でしょうか。
アルツハイマー病とは記憶、思考、行動に問題を起こす脳の病気のことで、認知症の原因疾患の一つとされています。
その中でも、20代や30代などの若い世代に発症するものを「若年性アルツハイマー病」と言いますが、その若年性アルツハイマー病という病気をテーマにしているドラマがあります。
それが「大恋愛~僕を忘れる君と」です。

タイトルからもわかる通り、本作は恋愛ドラマとなっていますが、ただの恋愛ドラマではありません。
戸田恵梨香さん演じる若年性アルツハイマー病と闘う女医・北澤尚と、ムロツヨシさん演じる自分を忘れていってしまう恋人を明るく健気に支え続ける元小説家・間宮真司の、10年にわたる愛の奇跡を描いた王道の純愛ラブストーリーです。
病に侵されながらも、互いに手と手を取り合い真実の愛に向かって歩んでいく、そんな2人の姿に涙した人も多いことでしょう。

今回は、そんな感動シーン盛りだくさんのドラマの中から、何度観ても涙が溢れだす感動の名場面3選をご紹介します。
2人の間に巻き起こる愛の奇跡を、あなたもご覧になってみませんか。

created by Rinker
¥20,391 (2021/10/15 21:36:01時点 Amazon調べ-詳細)

思わず涙する感動の名場面3選

出典:https://www.cinemacafe.net/article/2018/07/26/57687.html?pickup_list_click1=true

このドラマ最大の注目ポイントは、何と言ってもムロさんと戸田さんの掛け合いです。
闘病しながらも愛を育んでいくというシリアスな内容でありながら、2人の妙にリアルな演技についつい笑みがこぼれてしまうという人が続出。
SNS上では「お似合いの2人!」「本当に付き合ってほしい!」などの声が上がるほど、息ピッタリなやり取りに注目が集まりました。 

そんな2人が織りなす号泣必須の感動シーンを3つに厳選してご紹介していきます。
きっとご覧になるすべての人の涙を誘うことでしょう。 

第2話|俺は尚と一緒にいたいんだ

出典:https://girlschannel.net/topics/1853687/

真司(ムロツヨシ)との出会いをきっかけに、侑市(松岡昌宏)との婚約を解消すると決めた尚(戸田恵梨香)。
しばらくすると、侑市から「会えないか?」と電話が掛かってきます。
翌朝、婚約解消についてきちんと謝罪しようと侑市が務める病院を訪れた尚でしたが、侑市の口から告げられたのは「軽度認知障害の疑いがある」との驚きの言葉でした。

ショックを受けるも、後日、簡単な物忘れ検査をすることとなった尚。
その際、自分の記憶力に問題があることを認識します。
そして、この先自分がアルツハイマー病になるのではないかとの思いから、「予定通り結婚しようと思う」と噓をつき、真司と別れることを決意したのです。 

その後精密検査を受け、正式にアルツハイマー病の前段階であると診断された尚は、ある日の夜、街中でパニック状態に陥ってしまいます。
助けてほしい、そう思ったその時、頭の中に浮かんだのは真司の顔でした。
自分のために急いで駆けつけてくれた真司に、病気のことを打ち明ける尚。
それでも真司は「尚が病気だなんて、へでも何でもない。癌でも、エイズでも、アルツハイマーでも、心臓病でも、腎臓病でも、糖尿病でも、歯周病でも、中耳炎でも、ものもらいでも、水虫でも、俺は尚と一緒にいたいんだ」と尚に言います。
それを聞いた尚は涙ながらに笑顔を見せるのでした。 

感動的なシーンにもかかわらず、思わず笑みがこぼれてしまうムロさんのセリフがとても印象的ですね。
きっと多くの人が尚と同じように、自然と笑顔になっていたのではないでしょうか。
これまでの重たくシリアスな展開を一気に吹き飛ばしてくれる、そんな感動の名場面でした。

created by Rinker
¥20,391 (2021/10/15 21:36:01時点 Amazon調べ-詳細)

第5話|プロポーズ

出典:https://realsound.jp/movie/2018/11/post-276351.html

真司から別れを告げられた尚は完全に心を塞ぎ込んでしまい、まるで別人のようになっていました。
そんな中、2人の恋愛模様が描かれた真司の小説「脳みそとアップルパイ」が発売され、それを手に取る尚。
読み進めていくうちに段々と顔色は明るくなっていき、最後には涙を流します。
一方、主治医として尚の状態を心配する侑市の手にも真司の小説が渡り、真司が自分と尚の関係を誤解していることに気づくのです。 

侑市は、尚とは今も医師と患者の関係であることを真司に説明し、2人を引き合わせます。
久しぶりに再会し、あの頃のように笑い合う2人。
すると、真司がおもむろに口を開き、「結婚しよう」とプロポーズしたのです。
尚は一瞬驚いた表情を見せると、「いつか真司のこと忘れちゃうけど、いい?」と尋ねます。
それに対し、真司は優しく「いいよ」と返し、2人で一緒に涙を流しました。 

尚の切な過ぎるセリフ、そして2人の涙に心を動かされない人はいないでしょう。
SNS上では「2人が無事に結ばれてよかった!」祝福の声がたくさん上がったのだとか。
その後の結婚式の様子では、この2人ならこの先どんなことでも乗り越えていけるはずだと感じさせてくれる2人の姿がありましたね。
「ムロツヨシ×戸田恵梨香」ファンにはたまらないワンシーンとなりました。

最終話|たった一度の奇跡

出典:https://dramafreak.tokyo/dairenai/dairen-10/

自分のせいで家族に迷惑をかけていると感じた尚は置手紙を残し、黙ったまま姿を消してしまいました
尚の行方を探し続ける真司。
ようやく見つかったのは、8ヶ月後のことでした。
連絡があった診療所に向かうと、そこには尚の姿が。
しかし、尚は真司のことをまったく覚えていなかったのです。 

真司はその診療所の医師からこれまでの経緯を聞き、尚が持っていたカバンを渡されます。
そこには1つのビデオカメラが入っており、尚が真司に宛てたビデオメッセージが収められていました。
「真司に会いたい」と告げる尚の姿を目にし、涙が溢れだす真司。
それ以来、真司は初対面のふりをして何度も尚のもとへ通い続けました。 

そんなある日のこと、いつものように浜辺で本を朗読していると、尚が文章を暗唱し始めたのです。
驚いて尚の顔を見る真司に向かって、「真司、続き聞かせて?」と言う尚。
真司は涙を流しながら、一時的に記憶を取り戻した尚を抱きしめました。 

結局、この日以降記憶が戻らないままこの世を去ってしまった尚でしたが、一瞬だけ起きた奇跡の出来事に、誰もが涙したはず。
やはり尚にとって真司の書く小説は、生きる源であり、希望だったのではないでしょうか。
また、このラストシーンで2人が着ている服がオープニングで着ている服と同じだと、SNS上で話題になりました。
もともとファンの間では、オープニングの映像について様々な憶測が飛び交っていましたが、ラストシーンとのつながりがわかったことで、更なる感動が巻き起こりました。 

まとめ

出典:https://www.cinemacafe.net/article/2018/12/14/59471.html

笑いあり、涙ありの感動の名場面に、みなさんはどのようなことを感じたでしょうか。
病と闘いながらも明るく、笑顔の絶えない家庭を築き上げた真司と尚。
そんな2人の姿に、たくさんの勇気感動を貰ったことでしょう。 

ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」は、信じていればいつか奇跡は起きる、そんなことを感じさせてくれる作品でした。
ムロさんと戸田さんの息ピッタリなやり取りに注目しながら、是非一度ご覧になってくださいね。

created by Rinker
¥20,391 (2021/10/15 21:36:01時点 Amazon調べ-詳細)