視聴率ランキングが高い歴代ドラマを3つに厳選!見どころを徹底解説

Pocket

出典先:https://gyao.yahoo.co.jp/store/title/145312

毎年多くのドラマ作品が話題となり、どのドラマを観るべきか迷ってしまいますよね。おうち時間が増えた今、本当に面白いと思えるドラマに出会えるチャンスです。本記事では、視聴率ランキングが高い歴代のドラマを、ジャンル別に3つご紹介。3つの作品の見どころなどを徹底解説します。

この記事は、
・歴代のドラマを観て話題を作りたい方
・さまざまなジャンルのドラマに挑戦したい方
・印象に残るドラマを観てみたい方
におすすめです。

視聴率ランキングが高い歴代のドラマ①|半沢直樹

created by Rinker
¥21,000 (2021/10/16 10:16:01時点 Amazon調べ-詳細)

 

「半沢直樹」は、2013年に初回が放送され、最高視聴率は42.2%を記録。「やられたらやり返す。倍返しだ!」というセリフで一世風靡しました。ツイッターでは、「半沢直樹は誰が観ても面白いと感じる!」などの声が上がっています。

「半沢直樹」のあらすじ

半沢(堺雅人)は、東京中央銀行の銀行員として、常に上を目指すこと公言していました。それには、ある因縁の思いがあることがわかります。その因縁の思いとは、半沢が中学生の頃に遡ります。半沢の両親は、ネジ工場を運営していましたが、工場経営が傾いてしまいます。半沢の父親は、銀行に融資を依頼。しかし、銀行側はそれを受け入れることはありませんでした。そして、半沢の父親は自殺してしまったのです。半沢には、このような複雑な過去があることがわかります。

さらに、半沢の父への融資を止めた銀行というのが、半沢が勤務する東京中央銀行だという事実もわかります。半沢は、父親を死に追い詰めた銀行に復讐するために、東京中央銀行のバンカーとして、銀行を変えようとします。

半沢は、複雑な思いの中で、銀行内外に現れる敵と戦い、敵の不正を暴いていきます。果たして、半沢のバンカーとしての運命はどう転がるのでしょうか。

「半沢直樹」の見どころ

「半沢直樹」の見どころは、出演俳優の名演技など数多くありますが、本記事では2つの見どころをご紹介します。まず1つ目は、半沢を演じる堺雅人の表情です。ドラマ中で、半沢は父親の仇を打つために、バンカーとしてさまざまな敵と一騎打ちをします。戦うときの半沢の複雑な心境を、堺雅人が見事に演技で表現しています。観ている視聴者にも、その複雑さが伝わり、ドラマに引き込まれる点が魅力です。

2つ目は、スカッとする爽快感を味わえる点です。半沢が敵の不正をあばき、「やられたらやり返す、倍返しだ!」と言葉を放つシーンは、ドラマを観ている我々も、悶々とした気持ちから解放されるような感覚を味わえます。

視聴率ランキングが高い歴代のドラマ②|ロングバケーション

出典先:https://2xmlabs.com/archives/12257

created by Rinker
ポニーキャニオン
¥16,988 (2021/10/16 10:16:01時点 Amazon調べ-詳細)

「ロングバケーション」は、1996年に放送された「ロンバケ」と呼ばれている認知度の高いドラマ。木村拓哉と山口智子が出演し、恋愛をテーマにしたストーリーとなっています。ツイッターでは、「日本ドラマの黄金期の名作」と感じた人も。

「ロングバケーション」のあらすじ

瀬名(木村拓哉)は、大学院の進学に失敗し、ピアノ教室でアルバイト講師として働いていました。ある日、瀬名が住むマンションに、突然花嫁衣装を着た南(山口智子)が押しかけて来るところから話が始まります。南は、瀬名のルームメイトだった男と結婚式を挙げるはずだったが、逃げられたと話す。南は、その男が帰るまで、瀬名のマンションで待つことになります。

そこから、ふたりの同居生活が始まりました。若いピュアな青年の瀬名と、年上の女性の南は、どのような関係性になっていくのでしょうか。

「ロングバケーション」の見どころ

「ロングバケーション」の見どころは、瀬名と南のそれぞれの性格にあります。瀬名は、若いがゆえに、年上の南には自分の気持ちをなかなか伝えられないことが多くあります。ただ、人を想う気持ちを持ち合わせた純粋な青年です。一方、南は自分が思ったことをはっきり言うタイプの女性。しかし、心が弱い部分があり、それを瀬名には見せないように振る舞う、男まさりな性格の年上女性です。

このふたりが、同居生活をしていく中で、どのような関係性になっていくのか、観れば観るほど気になってしまうでしょう。

視聴率ランキングが高い歴代のドラマ③|Doctor-X〜外科医・大門未知子〜

出典先:https://news.yahoo.co.jp/articles/63b957f2be0aad44360fb000f715070cfdfb767a

created by Rinker
ポニーキャニオン
¥17,081 (2021/10/16 17:51:47時点 Amazon調べ-詳細)

「Doctor-X〜外科医・大門未知子〜」は、2013年に初回放送され、その後もシリーズ化している大人気ドラマ。このドラマは、米倉涼子主演で、全シリーズで平均視聴率20%超えの高視聴率を叩き出しています。2021年10月には、第7シリーズが放送される予定です。ツイッターでは、最新作を楽しみにしている声が多く上がっているほど。

 

「Doctor-X〜外科医・大門未知子〜」のあらすじ

大門未知子(米倉涼子)は、外科医のフリーランスとして、日本最高峰の大学病院である東帝大学病院に入局します。大門は、縦社会の群れに所属せず、医師免許がなくてもできることは「致しません」と言い放つ一匹狼の女性。普段は傲慢な性格の大門だが、医師としての腕は確か。手術が趣味とも言い切るほどです。どんなに高度な手術でも「私、失敗しないので」と臆することなく挑戦する大門は、院内政治に巻き込まれる患者を何度も救います。

院内政治に阻まれながらも、大門は患者を救うために自らの実力を発揮し、手術をこなしていきます。果たして、大門は「私、失敗しないので」と言う言葉を貫くことができるのでしょうか。

「Doctor-X〜外科医・大門未知子〜」の見どころ

「Doctor-X〜外科医・大門未知子〜」の見どころは、大門の傲慢な性格と医師としての実力のギャップにあります。普段の傲慢な性格からは想像できない、手術の腕の速さ、正確さは、視聴者を魅了します。また、東帝大学病院のベテラン医師が屈するほどの難しい手術でも、大門の手にかかれば、想像できない速さで手術を成し遂げます。オペ中の大門の姿を観て、間違いなく視聴者はドラマの虜になるでしょう。

まとめ

視聴率ランキングの高い歴代のドラマを、3つに厳選して紹介しました。それぞれが異なるジャンルですが、どれも魅了される要素がたくさんあるドラマなので、一度は観る価値があります。ドラマ作品の内容だけではなく、出演者の名演技にも注目してみてください。そして、どのドラマも誰かに教えてあげたくなるような素晴らしい作品ですよ。