吉高由里子出演のドラマを一挙解説。絶対に見ておきたい5つのドラマを紹介。

Pocket

出典:NHK 人物録 吉高由里子

数多くのドラマ・映画などが放送されている中でも、10代で日本アカデミー賞新人俳優賞などを受賞してブレイクを果たしたのが、女優の吉高由里子さんです。バラエティ番組などにも出演しており、歯に衣着せぬ自然体な発言と言動が多くの女性から支持を受けています。

芸能活動も10年以上のベテランとなった吉高由里子さんですが、ファンの方でも実際に見たことのないドラマなど抑えきれていない情報の少なからずあるのではないでしょうか。

この記事では、吉高由里子さんの女優デビューしてから現在までの経歴の紹介から、過去に主演を務めたドラマの紹介などをメインに解説します。

この記事を読むことで、吉高由里子さんがどのような女優なのかを知ることが可能です。また、吉高由里子さんファンの方は、新しい一面を知るきっかけにもなるかもしれません。

ぜひ、最後までご覧下さい。

現在までの吉高由里子の経歴を紹介

 

出典:日本テレビ 吉高由里子主演 「知らなくていいコト」

 

吉高由里子さんは、1988年生まれの33歳の実力派女優です。

高校1年の時に、東京都内でスカウトされたことがきっかけで事務所に所属し、2006年に映画「紀子の食卓」でデビューしました。初の映画出演でありながら、吹石一恵さん演じる主人公・紀子の妹役・ユカを好演したことで話題となり、第28回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞受賞など一躍話題を集めたのです。

2007年には芥川賞を受賞した小説の映画版「蛇にピアス」で、初主演を務めると数多くの賞を獲得し、ブレイクを果たしました。

人物像はとにかくストイックであり、役柄のために自分の利き手を変えるほどの努力を惜しまない点もファンの心を掴んでいる他、コンビニエンスストア・焼肉店・ディスカウントショップでのアルバイト経験があるなど庶民的な感覚を持ち合わせている点も、好感度の高い理由となっています。

2010年にはCNN「世界的に名前は知られてないが演技力のある日本の俳優7人」に選ばれるほど、世界にも認められた演技力が武器と言えるでしょう。

吉高由里子が出演するドラマ一覧からおすすめ作品5本を紹介

ここまでは、吉高由里子さんの経歴を説明してきました。

映画「蛇にピアス」で話題を集めてからは、吉高由里子さんは数多くのドラマで主演を演じ、高い評価を得続けています。この項目では、過去に主演を務めたドラマから絶対に見ておきたいおすすめの5本を取り上げて、解説します。

吉高由里子出演ドラマ(1) 「わたし、定時で帰ります。」

 

出典:TBSテレビ 火曜ドラマ「わたし、定時で帰ります。」

created by Rinker
¥23,232 (2021/10/16 16:50:21時点 Amazon調べ-詳細)

「あなたは何のために働いていますか?」をメインテーマに据えており、ソフトウェア会社のディレクターとして働く主人公・結衣を中心として、無理な要求を安価な値段で引き受けてきた福永をプロジェクトメンバーから外すために奔走するストーリーです。

日本の労働環境をクローズアップしたドラマであったことから、海外から注目を集めたドラマであり、「定時に帰宅できることがフィクション」であるからこそ、日本で人気が出たと皮肉を交えてニューヨーク・タイムズが取り上げました。

吉高由里子さんは主人公・結衣を好演しており、各話で起こる「メンバーの辞表提出」「子育てと仕事の両立の難しさ」「炎上案件に対するクライアントへの謝罪」など多彩な場面をリアルな演技で評価を高めています。主人公・結衣の恋愛など会社員としての苦悩と幸せを描いていることから、共感して見られることも高い人気を誇る理由と言えるでしょう。

吉高由里子出演ドラマ(2) 「東京DOGS」

 

出典:フジテレビ ONE TWO NEXT 「東京DOGS」

created by Rinker
ポニーキャニオン
¥5,628 (2021/10/16 16:50:22時点 Amazon調べ-詳細)

小栗旬さん・水嶋ヒロさんなど豪華キャストで表現されたドラマであり、小学校の時に父を殺された過去を抱える小栗旬さん演じる高倉は、ニューヨークで父の事件と関わる麻薬組織を摘発するため水嶋ヒロ演じる工藤と捜査に乗り出す。

しかし、作戦は失敗となり、責任を負った高倉は工藤が所属する警視庁特殊捜査課に配属され、捜査を続けることになります。

吉高由里子さんは、事件の大きな情報を握っている松永由岐を演じます。松永は、事件を目の当たりにした唯一の人間であるが、極度のショックから記憶を失っていました。物語が進んでいくたびに、少しづつ記憶が戻り、悲しくも辛い過去が明らかとなっていきます。

吉高由里子さんは作品のキーパーソンであり、記憶を失った謎多き女性という独特の空気感をまとった役柄をしっかりと演じきり、独自の存在感を物語で与えました。

ミステリアスな雰囲気をまといながらも、吉高由里子さんらしいはっきり物を言う部分もファンとしては必見です。

吉高由里子出演ドラマ(3) 「美丘 -君がいた日々-」

 

出典:日本テレビ 「美丘 -君がいた日々-」

created by Rinker
バップ
¥15,136 (2021/10/16 16:50:23時点 Amazon調べ-詳細)

小説家・石田衣良さんが執筆した小説「美丘」を原作としたテレビドラマであり、難病と闘うはっきりとした性格の峰岸美丘と、美丘が学校の屋上からフェンスを乗り越えている姿を校庭から見つけ、止めようとしたことで出会った橋本太一の恋愛を描く。

吉高由里子さんは、ヒロインである峰岸美丘を演じており、「周りから何と言われても自分の意見を曲げない」「他の女を殴り倒す」などのとにかく強気な性格を好演しました。また、普段の吉高由里子さんのイメージとかけ離れた病気の進行とともに「自分らしく生き続ける」ことに葛藤し、悩み衝突する姿も大きな話題を集めました。

恋愛と病気という相反する二つのテーマを絶妙に取り上げ、多彩な表情の吉高由里子さんを見れる点でも、ファンからも人気が高い作品です。

吉高由里子出演ドラマ(4) 「東京タラレバ娘」

 

出典:日本テレビ 「東京タラレバ娘」

漫画家・東村アキコによって執筆された漫画が原作となり、テレビドラマ化しました。

鎌田倫子・山川香・鳥居小雪の3人は、高校時代からの親友であり、当時付き合っている彼氏の話と、恋愛に対する後悔を語りながら女子会を続けているうちに独身のまま33歳になってしまう。そんな中で飲み会の拠点である「呑んべぇ」に現れる登場人物と、3人の女性の運命は大きく変化していくことになるのです。

不倫関係・セフレなどの関係性をリアルに描いています。

吉高由里子さんは、主人公である鎌田倫子役を演じており、制作の仕事で独立するバリバリのキャリアウーマンでありながらも、生まれながら病気を持つ既婚者の鍵谷と関係を持ってしまうなど、恋愛と仕事の悩みを全面にさらけ出した役柄が、多くの女性から共感を得ているドラマです。

吉高由里子出演ドラマ(5) 「正義のセ」

 

出典:日本テレビ 「正義のセ」 相関図

created by Rinker
¥21,120 (2021/10/16 04:34:57時点 Amazon調べ-詳細)

タレント・エッセイストとしても活動している阿川佐和子さんによる小説が原作となっており、主人公である竹村凜々子が数々の事件の解決に尽力しながらも、「恋人との別れ」「仕事の失敗」「裏切り」などを経て成長していく姿も必見のドラマです。

竹村凜々子は「融通が効かない」などの特徴を持っており、吉高由里子さんがそのヒロイン役を好演しています。司法解剖が苦手であること、取り調べの際に相手の話に感情を持って行かれてしまうことなどの特徴を演じきる点に、ファンからも高い評価を得ています。

吉高由里子は現在も女優として最前線で活躍中。今後の活動にも注目

 

出典:フジテレビ 「VS嵐」ゲスト:吉高由里子

この記事では、吉高由里子さんの経歴から出演作品で演じている役と特徴にフォーカスをして解説しました。まっすぐな性格で、ひたむきな役柄の多い吉高由里子さんはドラマ・映画などに欠かせない女優として現在も最前線で活躍を続けています。

「吉高由里子さんの作品を見たい方」「吉高由里子さんのファンの方」を含めて、この記事をきっかけに過去の吉高由里子さんの出演作品を見直すきっかけになれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です